周辺観光

FUJIYAMA 泉の森 CAMPING FIELD周辺は、様々な観光スポットが点在しています。

田貫湖

田貫湖

景観はよく、富士山の眺望も良い。春は桜、つつじ、秋は紅葉の名所となっている。湖畔にはキャンプ場があり、つり・ボート・サイクリングも楽しめる。毎年4月20日、8月20日の一週間前後にダイヤモンド富士が見られる。

小田貫湿原

小田貫湿原

田貫湖北側に位置する小田貫湿原は、静岡県側の富士山麓では唯一の低層湿原で、大小125余りの池が点在している。大きな湿原の中央には、木道が掛けられ、小田貫湿原ならではの珍しい昆虫や植物などを間近に見ることができる。昆虫は、70種余りの蝶、20種余りのトンボ、蛙などが生息し、野鳥のBGMも楽しめる。

 

天子ヶ岳

天子ヶ岳

富士宮市の郊外にある天子ヶ岳は、軽いハイキングができる山として、格好のフィールド。富士山を取り巻く山塊の中で天守山地は西方にあり、南北に連なる。この山は南の方から見るととがった山、西側から見ると台形の山、眺める方向で全然違ってくる。山頂からの展望は得られないが、明るく広広していて気分は爽快だ。

朝霧高原

朝霧高原

富士山西麓にある壮大で緑豊かな高原。朝方、霧が発生しやすいということから、朝霧高原と名付けられた。標高700~1,000mに広がる一面の緑と、のどかな雰囲気は、見る者の心を魅了する。朝霧高原は、「間近で富士山を望めるスポット」「全国でも有数の酪農地帯」としても有名。

まかいの牧場

バーベキューなどの牧場グルメはもちろん、様々な体験コーナーが充実したテーマパーク型の牧場。2016年には、日帰りで体験できるグランピングも登場。家族旅行だけでなくデートにもオススメ。牧場のチケットの有効期限は、なんと1ヶ月!期間中、何度でも牧場へ遊びに行ける。

富士養鱒場

富士養鱒場

緑豊かな場内では、年間を通じ水温10度で、芝川の水源にもなっている富士山の豊富な湧水を用いて約20万尾のマスを飼育・研究している。観覧エリアではニジマスが泳ぎ、大水槽やパネルなどによりサケ・マスの仲間を紹介している展示ホールの見学の他、釣り場では手軽にマス釣り(有料)が楽しめる。

朝霧ジャンボリーゴルフクラブ

朝霧ジャンボリー・ゴルフクラブ

富士山の西麓、朝霧高原にその広大な土地を生かして1975年に作られたのが「朝霧ジャンボリー・ゴルフクラブ」。「整備された快適なコースからは、間近に雄大な富士山が迫り、 まさに富士の懐に抱かれながらという、贅沢な環境でゴルフを楽しむことができる。 

陣場の滝

陣馬の滝

上流からの水の流れと、すぐそばの溶岩の間から湧き出る水を集めた、落差5mほどの滝。源頼朝が富士の巻狩りで近くに陣を張ったことから「陣馬の滝」と呼ばれている。毎年8月下旬には、地元有志による「陣馬の滝まつり」が開催される。

パラグライダースクール

朝霧パラグライダースクール

世界有数の広大な練習場、練習生でも1時間をこえる長時間フライトが可能な飛行環境抜群のフライトエリア。パラグライダートレーニングに最適の整備された環境で飛行技術の習得がとってもスムーズ。たくさん飛びたい方、早くパイロットを目指したい方に最適。

白糸の滝

白糸の滝

富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と下部の水を通さない地層である古富士火山層の境の絶壁から湧き出している。高さ20m・幅150mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちる。 その姿は幾筋もの絹糸をさらしているよう。

富士花鳥園

富士花鳥園

フクシアやベゴニア、フクロウや動物たちと触れ合える、魅力いっぱいのテーマパーク。道の駅「朝霧高原」の近くにあるためで、アクセスするのにもとても便利。園内は色とりどりの花でいっぱい。鳥たちとふれあったり花を見ながら、癒しの時間を過ごせる。

富士ミルクランド

富士ミルクランド

動物と触れ合える場所が多数あり、牛の乳搾りや乗馬体験、やぎなどに餌をあげることもできる。その他新鮮な牛乳を使ってのバター作り、たき火でソーセージを自分で焼いて食べたり、落ち葉のプールで滑り台など、普段できないことも体験できる施設。

区切り